マンションも木の家に

マンションはまだ50年そこそこの新しい住まい方です。新建材が開発されるたびに積極的に取り入れられてきましたので、新築マンションを見ると、ツルツルピカピカの素材に包まれていますが、それが新築マンションであると皆刷り込まれているのが現状ではないでしょうか。

「マンションで無垢の木や自然素材は使えないと思っていた」 という人が多いのもうなずけます。

買取り再販(業者が買った物件をリフォームして売り出す)のマンションもほとんどツルピカの仕上げになっていますので、それを再度リノベーションでやり直すのはとてももったいないことになります。
→ 出来るだけ手の入れられていない、現状のままで購入した方が良いですね。

img001_.jpg

「マンションはいわば鉄筋コンクリートの箱。無機質な箱の中に住むのなら、せめて室内は自然なもので囲まれたいですね!」
※防音の床板はクッションが裏に貼ってあるのでフワフワして歩き心地悪く、しかもすべて合板で出来ています。
しかし、無垢の床板を使える「乾式二重床工法」という防音技術が開発されています。

施工事例