狭小地(地下室で解決)

img_model大田区内の住宅街、東南に開けた角地の土地を購入。敷地面積 16.2坪。
小さな面積の上に建蔽率50%の土地なので長く売れ残っていたので、価格は近隣相場の約73%で買えました。

この土地がなかなか売れなかった理由は?

「狭小地でありながら、第一種低層住居専用地のため、建ぺい率(50%) 容積率(100%) が小さく、2階建て16坪までしか建てられない」と、仲介した大手不動産屋さんは持てあましていました。

この土地を活かす方法は?

土地を安く買えた分で地下室を造り、実質3層の家を建てることで家族4人が住める3LDKの空間を実現しました。

img201011

敷地条件:
第一種低層住居専用地域・
準防火地域・第一種高度地区

敷地面積   / 53.41㎡  (16.15坪)
※セットバック後

延べ床面積 / 80.04㎡  (24.21坪) B1F / 26.67㎡  ( 8.06坪)
1F / 26.05㎡  ( 7.88坪)
2F / 27.32㎡  ( 8.26坪)

soukensya_1

外部仕上げ :
屋根 / ガルバリウム鋼板瓦棒葺き
外壁 / モルタル地下ユニプラル掻き落とし仕上げ :
土台 / 紀州産  60年生  ヒノキ  4寸角
柱材 / 紀州産  60年生  スギ   4寸角

soukensya_0038


東側立面図(左)と南側立面図
   model-image5

平面図  (クリックで拡大します)model-image7